外国人「日本の鉄板焼きで和牛ステーキとカナダロブスターを食してみた」海外の反応→ロブスターを生きたまま焼きあげる姿に海外衝撃


Teppanyaki in Tokyo - Wagyu Steak & Canadian Lobster

外国人が鉄板焼きを食す動画です。

以下海外の反応をご覧下さい。




スポンサーリンク



・このシェフは最高だ。音楽もいいし






・次はBGMを排除してくれよ






・コメント欄全体が音楽を批判している。それにより残忍な調理方法を批判する人間がいなくなるというね






・残酷な殺し方だ






・巨大なペッパーグラインダーはいい見せ場だ






・本当にこのシェフがすきだ






・前もって殺さないのはなぜだ。こういったショーを見るのは好きだがこれは残酷






・友達の見ている中殺されるロブスター






・なんてひどい死にざま






・ロブスターは熱い鉄板の上に落されても微動だにしないね






・料理は素晴らしい






・なぜシェフは蒸す前にロブスターを殺さないのか。それはもし殺してから焼くと多くのバクテリアが繁殖し食中毒になる危険が高まるからだ。またロブスターは人間のように痛みを感じない






・鉄板の上でリラックスしている






・じわじわと殺すね。沸騰したお湯にいれたりナイフを入れたりして即座に殺すのがいいと思う






・カナディアンロブスターを使用しているのは安いからだろうね






・恐ろしくて見ることができなかったよ






・この鉄板焼き動画は音楽のせいでホラー映画に変わったな



キャプチャ
関連記事
スポンサーリンク

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

ブログパーツ


コメントの投稿

No title

日本は刺し身等を好むから新鮮さが命
傷んでれば腹を壊すこともあるから、活造りは最も新鮮さをアピールした調理法となる

ただ同じ日本人としても自分なんかは抵抗感あって苦手だな
今はそんなアピールしなくても鮮度に信頼あるし

No title

自分たちは慈悲深くて高潔な人間だと思ってるんだろうな
こういうやつが自分の考えに合わないやつを殺戮していくんだろうな

No title

欧米人は屠殺場の見学を義務教育に組み込むべきだと思う
自分がいかに偽善的なのか勉強したほうがいい

さすがに屠殺場を見てみろと話に出してるやつはアホ

No title

屠殺場の例はいいだろw お前もカルト的な動物愛護主義者かい?

No title

動物アイゴーアイゴー

外人がいかに食育されてないかがわかる
日本に追い付くまでに10年はかかるな

No title

今から食べるモノに対して残虐だとか偽善的すぎる。
こういった欧米人の愚かな流行はやめさせるべき。

No title

屠殺場見学して残酷さを学びましょう云々はそれこそ外国でもヴィーガンみたいなグループが主張してることだぞ
日本でも同様の活動をしている組織もある
普通に正しい食育が必要だと言えばいいのに、『屠殺場の見学を義務教育に組み込むべき』だの極論から極論に触れるから馬鹿にされるんだよ
何も考えずに残酷だとか言ってる外人と思考の仕方は大差ない

No title

生き物が感じる苦痛に共感する事は偽善ではないだろ
日本の教えは「だから食べるな」ではなく、「だから感謝して頂くように」なんだけど

No title

欧米人は偽善に何時気が付くんだろう・・・

鯨やイルカもそうだが、偽善というか、人間は動物や植物の命を頂いて生きているという基本的なことも理解出来ていない幼稚な考え。それを押し付けようとしてくる傲慢さ。

No title

>生き物が感じる苦痛に共感する事は偽善ではないだろ
日本の教えは「だから食べるな」ではなく、「だから感謝して頂くように」なん だけど

生き物の苦痛に共感する事と、日本の教えはまったく関係ない。
「だから感謝して頂くように」と有るが、
いったい何だから感謝するのかわかっていないもよう。

No title

別に日本でなくても良さそうな食材と調理法やな

No title

撮るのに夢中で全然食べないから冷めてる
鉄板焼きのその場で焼く意味がない

シェフはシェフで無駄な動きが多い 卵半分取るのもナンセンス

No title

包丁で突き刺したロブスターを
ニヤニヤ笑いながら高く掲げるところでギブアップ
偽善とかそういうレベルじゃないと思う

No title

俺も活造りとか好きじゃない
気絶させて死なせてから調理すればいい
中国の生きたアヒルを熱々の鉄板の上でやるのもそうだし、韓国の生きたまま皮を剥いだりするのも大嫌いだ
自分がやられたらということを考えない、相手の立場になって考えられないガイジだよ

No title


 大量懲戒請求 当事者女性、後悔の証言 背景に「ヘイトブログ」
      賛同した女性 「洗脳状態だった」
「在日コリアンらの排斥」を訴えるブログの呼び掛けに応じ、多数の読者が2017年各地の弁護士を対象に計約13万件の懲戒請求を出した問題で、実際に請求書を出した女性(50歳代、首都圏在住)が取材に応じた

女性がこのブログと出合ったのは2015年、あるお笑い芸人のネタが「反日的だ」とするネット上の書き込みを見たのがきっかけだった。
そこからネットサーフィンするうちにたどり着いた。過激な文言が並ぶブログ内の記述に危機感をあおられたと話す。
しだいに女性はブログからの「指示」を楽しみに待つようになり、「日本を守るために」と指示を実行していったという
女性は「ブログに不安感と恐怖感をあおられた。洗脳状態だった」などと主張し、「現在は請求したことを後悔しており、謝罪文を送付して一部の弁護士とは和解した。 よく考えたら、馬鹿なレイシストに騙されただけだった」と語った

女性があおられたとするのは「余命三年時事日記」と題された匿名の筆者によるブログ。
(今井滋雄 羽賀芳和 鈴木金三 青林堂 千葉麗子)
ブログの運営資金などを管理しているとみられる法人の代表者は取材に対して 「口止めをされている」「(ブログの管理人が)どこにいるか分からない」などと話した
複数の関係者によると、管理人(東京都板橋区高島平2丁目) は70歳代で元タクシー運転手だという。ブログの投稿欄を通じて取材を申し入れたが、23日現在で返答はない


#ナチス礼賛で話題の高須克弥「僕は確信した。ナチスは素晴らしい。ヒトラーは私心のない本物の愛国者だ」   #村本大輔
#大量コピペ発覚後、コピペ問題に関してはダンマリを決め込んでいる作者、編集者、監修者
#日本国紀 #幻冬舎 #新井浩文 #百田尚樹 #見城徹 #江崎道朗 #久野潤 #上島嘉郎 #谷田川惣 #有本香 #殉愛の真実 #殉愛
www.hokade.jp 自民 安倍 佐伯伸之 竹田力 懲戒請求 山口県警OB 余命時事 ファーウェイ

 [神奈川・外村和隆・東京大学大学院]





No title

自然界の捕食は生きたまま身体を丸のみにされて窒息死したり、牙で引きちぎられて苦しみながらじわじわ死んでいくのが普通だぞ
わざわざ苦しみを長引かせること自体を目的にした調理なら悪趣味だけどこれくらいは許容範囲だと思う
食材となる動物が甲殻類だというのもあるから、これが鳥類や哺乳類となると事情は変わってくるが

仏教の十悪の一つに殺生があります。これは日本人としては受け入れ難いものです(泣)

No title

これ許容するなら韓国の犬肉すら許容しないといけなくなるんだけど
普通に止めさしてから提供しろよ
今どき活造り食いたがる奴なんて時代錯誤のおっさんしかいねぇわ
牛は電気ショック後なのに魚介類はokとかの方がずれてるわ
イルカクジラは頭いいから食べないって言ってる海外と何も変わりがない

No title

客が喜ぶからだよ。新鮮だって言ってね。

見たくねぇって人が増えればやらなくなる。
非公開コメント

プロフィール

ペルタ

Author:ペルタ
概要;翻訳サイトです。動画についている英語のコメントや英語圏の掲示板を翻訳します!!リンクフリー。雑誌等への一部抜粋もご自由にどうぞ


当サイトの翻訳基準

お問い合わせ
相互リンクRSS募集中

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

最新記事です
ads by google
プライバシー ポリシー
当ブログでは、Google AdSense広告を掲載しています。 Googleではウェブブラウザからウェブにアクセスしたユーザーに広告を表示する際にユーザーのコンピュータのブラウザにCookieを保存する場合があります。
またGoogleではCookieやウェブビーコンその他の技術を使用してブラウザで表示された広告に関する情報のほかにクリックされた広告やGoogleのサイトやサービスで行われた操作に関する情報を記録します。
クリック募金
クリックで救える命がある。
検索フォーム
ads by google
海外の反応系リンク
リンク2
アクセスカウンター
アクセスランキング
キャッシング