外国人「日本のすしざんまいの社長が3億円でマグロを競り落としたらしい」海外の反応


'Oh gosh!' Sushi king pays record price for bluefin tuna

3億円で競り落とされたマグロに関する動画です。

以下海外の反応をご覧下さい。




スポンサーリンク



・太平洋クロマグロは乱獲されていて絶滅の危機に瀕している。マグロの巻きずしを食べるときはそれを念頭においてほしい






・>そうだね






・>黙れよ






・>マグロにも多くの種類があるよね。クロマグロは最も高価で希少だから巻きずしに使用されることは少ない






・>イギリスの海産資源は日本よりも打撃を受けているぞ…ダブルスタンダードのBBC







・残念だけどこの高価なマグロは放射線で汚染されているよ。有害な肉を食べたら癌になる






・この動画を見たら魚の夢見たよ






・資本主義の化け物






・不運なマグロ。幸運なおじさん






・最高のマグロとはいったい?







・このクロマグロはセシウムだらけだよ。福島が世界最大規模の原子力災害だったことを忘れたの?






・菜食主義者じゃない人間は動物殺しのスポンサーだよ。すべての料理には代用可能なビーガンバージョンの料理がある






・>生きている以上動物を殺しているんだよ






・>肉を食べることが問題だとは思わない。問題なのは人々が食物を無駄に捨てることになれてきたということだ。人間が狩りで食べ物をとっていた時代食事とはもっと神聖なものだった






・騒いでいる奴が多いコメント欄



キャプチャ
関連記事
スポンサーリンク

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

ブログパーツ


コメントの投稿

No title

なら霞でも食ってろ

No title

ヴィーガンってバクテリアとかも殺さず除去してるの?

百歩譲って哺乳類の殺生だけが殺生だとしよう
それでも果物、野菜や穀物だって害獣駆除せんと安定供給はできんだろ

No title

まあ少なくなってるのは事実だけどな
漁獲枠内ならいいんじゃなかろうか

No title

旨いマグロはそのせいで絶滅してもしょうがないと思うよ。
鰻とかも。

No title

まあマグロが食えなくなっても死ぬわけじゃないし。
なければ無いでOK。
まだ味を知らない、ひ孫世代にはいなくてもいい。

水銀の含有量考えると魚を食べる選択肢はないな。もちろん野菜も。
日本人は肉だけ食ってれば大丈夫。フィギュアの宇野選手を見てれば納得。

No title

野菜だけで生きていける人が居ることと並行して肉無くして生きていけない人もいる
世界にはその理解が必要

No title

資源に大きな影響を与えてるのは小型のマグロをまとめて獲るようなやり方で、大間の一本釣りみたいな大物狙いは畜養に比べても環境負荷が低いし、数百キロを超える大きさになったマグロは数度にわたって産卵をしており、生態系に果たすべき役割は終えている
獲り方や獲る量でコントロールできるならそうするべきで、仮にマグロの完全養殖が可能になったとしても、需要を満たすように生け簀を設置しまくったら海の環境が変わってしまう

可哀想とか野菜食えとかいう奴は知らん

No title

水銀まみれのカツオマグロクジラを食いまくってたはずの日本人が
世界トップレベルの健康長寿国という矛盾
水銀バカって逆に水銀が足りてないんじゃない?w

No title

未だにセシウムセシウム言ってるのは韓国人だけだろ
てか最近特亜人による日本叩き工作が活発化してるな

No title

ご祝儀なんだから高くて良いと思うよ
漁師に臨時収入が入るのは良いことだ

No title

まぐろは漁師一人当たり400キロまで、それ以上取ってはいけない

No title

スレタイと関係無いコメばっかりを選りすぐってみました♪

マグロを食べるのやめて代わりに牛や豚だけを食べよう。
ビーガンみたいに野菜を食べるのもやめよう。

No title

広告費に換算するとこの数日で既に3億円は超えてるってよ

No title

>残念だけどこの高価なマグロは放射線で汚染されているよ。有害な肉を食べたら癌になる


食わなきゃいいだけだぞ? 貧乏人のチョソ。

No title

>まぐろは漁師一人当たり400キロまで、それ以上取ってはいけない
 
このマグロ獲った漁師はこのマグロの分だけで一億七千万円の収入があるそうだから今年一年遊んでてもいいよね

全てが漁師さんに渡るわけではなく1割は持ってかれるみたい。
残りの9割で漁船のメンテや餌など諸経費に充てられるから本人の手取りは
良くても中堅サラリーマンの給料程度らしいよ。死と隣り合わせの努力に
見合う仕事かと言われたらそうでもないかも。昨日地元のラジオ聴いてたら
米国人DJがすしざんまいのCMの制作費そのまんまやなと言ってた。今どきCMを
作るのにそれくらいは普通にかかると大人の事情を話してた。

No title

やれやれ、まだセシウムなんて言ってるクズがいるんだな…
ウソ八百撒き散らす低級ネット民…
上にも書かれているように、有機水銀こそが問題で、毎日マグロ食べるのはヤバいかも知れないくらいなのにね
日本人の髪の毛には有機水銀が欧米人よりはるかに多く含まれてるんだ
でも私は少ないだろうな
マグロ、いや魚ほとんど食べないから

No title

ちなみに、マグロが問題なのは海の食物連鎖の頂点にいるから
もっと小さな魚はほとんど問題無い
福島の山の生き物の食物連鎖の頂点にいるのはクマやオオワシだったかな?オオワシの生殖機能に問題が起きていると言う報告も有る
それからすると、肉食のクジラも心配だな。
彼等の有機水銀中毒が…
水俣病 知ってるかな?

>食わなきゃいいだけだぞ?

キリスト教では自分が望むことは他人も必ず望んでると考えるんだよ。
自分が腹が空いてたら他人も腹ペコに違いない。だから食べ物を分け与える。
たとえ他人が腹一杯だったとしてもね。それがキリスト教の根幹だから。
自分がマグロは危険だから食べないようにしたいと思ったら他人にも食べるのを
やめさせようとする。それがまさにキリスト教徒なんだよ。それがなくなったら
キリスト教は地球上から消えてしまう。

No title



 大量懲戒請求 当事者女性、後悔の証言 背景に「ヘイトブログ」
      賛同した女性 「洗脳状態だった」
「在日コリアンらの排斥」を訴えるブログの呼び掛けに応じ、多数の読者が2017年各地の弁護士を対象に計約13万件の懲戒請求を出した問題で、実際に請求書を出した女性(50歳代、首都圏在住)が取材に応じた

女性がこのブログと出合ったのは2015年、あるお笑い芸人のネタが「反日的だ」とするネット上の書き込みを見たのがきっかけだった。
そこからネットサーフィンするうちにたどり着いた。過激な文言が並ぶブログ内の記述に危機感をあおられたと話す。
しだいに女性はブログからの「指示」を楽しみに待つようになり、「日本を守るために」と指示を実行していったという
女性は「ブログに不安感と恐怖感をあおられた。洗脳状態だった」などと主張し、「現在は請求したことを後悔しており、謝罪文を送付して一部の弁護士とは和解した。 よく考えたら、馬鹿なレイシストに騙されただけだった」と語った

女性があおられたとするのは「余命三年時事日記」と題された匿名の筆者によるブログ。
(今井滋雄 羽賀芳和 鈴木金三 青林堂 千葉麗子)
ブログの運営資金などを管理しているとみられる法人の代表者は取材に対して 「口止めをされている」「(ブログの管理人が)どこにいるか分からない」などと話した
複数の関係者によると、管理人(東京都板橋区高島平2丁目) は70歳代で元タクシー運転手だという。ブログの投稿欄を通じて取材を申し入れたが、23日現在で返答はない


#大量コピペ発覚後、コピペ問題に関してはダンマリを決め込んでいる作者、編集者、監修者
#日本国紀 #幻冬舎 #百田尚樹 #見城徹 #江崎道朗 #久野潤 #上島嘉郎 #谷田川惣 #有本香 #殉愛の真実 #殉愛

www.hokade.jp 自民 安倍 佐伯伸之 竹田力 懲戒請求 山口県警OB 余命時事 ファーウェイ
        [神奈川・外村和隆・東京大学大学院]



非公開コメント

プロフィール

ペルタ

Author:ペルタ
概要;翻訳サイトです。動画についている英語のコメントや英語圏の掲示板を翻訳します!!リンクフリー。雑誌等への一部抜粋もご自由にどうぞ


当サイトの翻訳基準

お問い合わせ
相互リンクRSS募集中

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

最新記事です
ads by google
プライバシー ポリシー
当ブログでは、Google AdSense広告を掲載しています。 Googleではウェブブラウザからウェブにアクセスしたユーザーに広告を表示する際にユーザーのコンピュータのブラウザにCookieを保存する場合があります。
またGoogleではCookieやウェブビーコンその他の技術を使用してブラウザで表示された広告に関する情報のほかにクリックされた広告やGoogleのサイトやサービスで行われた操作に関する情報を記録します。
クリック募金
クリックで救える命がある。
検索フォーム
ads by google
海外の反応系リンク
リンク2
アクセスカウンター
アクセスランキング
キャッシング