外国人「日本の超高級な神戸牛のサンドウィッチを食してみた」海外の反応→霜降りが広がる神戸牛に海外感激


$200 KOBE BEEF Sandwich & MUST TRY Sandwiches in Tokyo Japan

外国人が神戸牛のサンドウィッチを食す動画です。

以下海外の反応をご覧下さい。




スポンサーリンク



・宝くじに当たったらまず日本に行くね






・とてもジューシーでよだれが出てくるサンドウィッチだ






・神戸牛はいつか試してみたい食べ物だ。しかし偽物も出回っているからね。欲しいのは本物だけ






・素晴らしい卵サンドウィッチだ。すばらしい。共有してくれてありがとう






・視聴者を拷問するのか






・この経験を共有してくれてありがとう。日本に行ったらこれらをすべて体験しなくてはならない






・サンドウィッチは人を幸福にし満足させるね。さすがに神戸牛は高くて手が出ないかも






・貧乏だから泣いてる






・いつの日か東京に行ってみたいと思っている。子供のころからの夢だ






・食べ物は好きだけどこの動画を見るとその思いがエスカレートしてしまう






・ジャッキーチェン定期






・人生の中で和牛を試してみたい






・なんで日本に行ったことがないのかと考えた。銀行口座を見た






・神戸牛のサンドウィッチに最初にソースをつけて食べるなんて信じられん






・サンドウィッチは西洋料理なのにも関わらずそのレベルはアジアのほうが高い





・いい動画



キャプチャ
関連記事
スポンサーリンク

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

ブログパーツ


コメントの投稿

No title

またジャッキー佐藤か

No title

やっぱり神戸牛はサンドイッチが一番合うんだな

No title




 大量懲戒請求 当事者女性、後悔の証言 背景に「ヘイトブログ」
      賛同した女性 「洗脳状態だった」
「在日コリアンらの排斥」を訴えるブログの呼び掛けに応じ、多数の読者が2017年各地の弁護士を対象に計約13万件の懲戒請求を出した問題で、実際に請求書を出した女性(50歳代、首都圏在住)が取材に応じた

女性がこのブログと出合ったのは2015年、あるお笑い芸人のネタが「反日的だ」とするネット上の書き込みを見たのがきっかけだった。
そこからネットサーフィンするうちにたどり着いた。過激な文言が並ぶブログ内の記述に危機感をあおられたと話す。
しだいに女性はブログからの「指示」を楽しみに待つようになり、「日本を守るために」と指示を実行していったという
女性は「ブログに不安感と恐怖感をあおられた。洗脳状態だった」などと主張し、「現在は請求したことを後悔しており、謝罪文を送付して一部の弁護士とは和解した。 よく考えたら、馬鹿なレイシストに騙されただけだった」と語った

女性があおられたとするのは「余命三年時事日記」と題された匿名の筆者によるブログ。
(今井滋雄 羽賀芳和 鈴木金三 青林堂 千葉麗子)
ブログの運営資金などを管理しているとみられる法人の代表者は取材に対して 「口止めをされている」「(ブログの管理人が)どこにいるか分からない」などと話した
複数の関係者によると、管理人(東京都板橋区高島平2丁目) は70歳代で元タクシー運転手だという。ブログの投稿欄を通じて取材を申し入れたが、23日現在で返答はない

www.hokade.jp 自民 安倍 佐伯伸之 竹田力 懲戒請求 山口県警OB 余命時事 TWICE 慰安婦Tシャツ 
 [神奈川・外村和隆・東京大学大学院]

No title

Zuvor solcher Heilverfahren (etwas) zu tun haben Chip Gefahren vonseiten Personen prestigevoll der/die/das Seinige u.
a. muss Chip Part jenseits die durchläuft solcher Behandlung abstimmen.
In der Heilanstalt hält gegenseitig der Patient exemplarisch 6 Stunden auf:
1 Stunde dauert Chip voroperative Vorbereitung, exemplarisch anderthalb Stunde der Eingriff wenn schon im Übrigen die restliche Dauer Gesundungsprozess nach dieser Operation. Chip Fäden Ursprung je nach 10 Konferieren entfernt.
Diese durchführen es dagegen wenn schon wie Wirkung
eines kulturellen Wandels des Körperverständnisses.
Die Plastische Chirurgie ist ein faszinierendes ebenso kreatives chirurgisches Sparte.
Welches ehemals einzig angrenzend den Prominenten abgemacht
wurde, wird in den letzten Jahren zunehmend mehr für den europäischen Normalbürger erwartungsgemäß.
Russen ja sogar Amerikaner mögen, dass man sieht, dass man operiert wurde.
Die meisten Patienten sind keine Ausländer, Chip einander
in Königreich Spanien handhaben lassen, sondern Einheimische,
zu 80 Prozent Frauen neben 20 Perzentil Männer. Unsereins strahlen uns
auf Ihren Besuch im Prevention Center Zürich.

Falls nicht, kann er gegenseitig an den Künstlern dieser Wiedergeburt Auskunft geben noch dazu zum Art, zu
denken Chip Schönheitsideale Michelangelos an dessen Marmorskulptur »David« lesen.
非公開コメント

プロフィール

ペルタ

Author:ペルタ
概要;翻訳サイトです。動画についている英語のコメントや英語圏の掲示板を翻訳します!!リンクフリー。雑誌等への一部抜粋もご自由にどうぞ


当サイトの翻訳基準

お問い合わせ
相互リンクRSS募集中

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

最新記事です
ads by google
プライバシー ポリシー
当ブログでは、Google AdSense広告を掲載しています。 Googleではウェブブラウザからウェブにアクセスしたユーザーに広告を表示する際にユーザーのコンピュータのブラウザにCookieを保存する場合があります。
またGoogleではCookieやウェブビーコンその他の技術を使用してブラウザで表示された広告に関する情報のほかにクリックされた広告やGoogleのサイトやサービスで行われた操作に関する情報を記録します。
クリック募金
クリックで救える命がある。
検索フォーム
ads by google
海外の反応系リンク
リンク2
アクセスカウンター
アクセスランキング
キャッシング