外国人「日本の鰻マスターの店で鰻重を食してみた」海外の反応


Chef Kanejiro Kanemoto Is Japan's Unagi Master — Omakase

外国人が鰻重を食す動画です。

以下海外の反応をご覧下さい。




スポンサーリンク



・本物の料理人






・食戟だ!






・日本の鰻マスター






・一方イギリスではゆでた鰻をそのままゼリーにぶち込んでいた。ummmm






・人生をかけて焼きの技術を高めるんだね






・このシリーズはyoutubeの食品シリーズの頂点だ






・デザートの3つのイチゴは面白いhaha






・日本ではすべてが整っている






・このチャンネルは最高だ。大好き






・東京に鰻を食べに行きたいね。最高の経験になりそうだしこの店は東京タワーの近くだ






・素晴らしいコンテンツだけど編集がだめだ。動画のカットやカメラの動きがだめすぎる。この美しい料理をしっかり伝えることができていない






・串は再利用しているの?






・日本の文化を尊敬しているし難しい食材を使って調理していることに感嘆している。しかしサメのフカヒレを使うのはよくない。サメのほとんどが絶滅危惧種だからだ






・職人技だ






・いつか日本を旅行したい



キャプチャ
関連記事
スポンサーリンク

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

ブログパーツ


コメントの投稿

No title

サメよりウナギのほうが深刻だろうが。絶滅危惧種を食べるなんて恥ずかしくないのか。

No title

将来はうなぎに変わってナマズが蒲焼に利用されるかもしれない
栄養価はほとんど同じかナマズのほうが優れている
美味しさはほぼ同じらしい

一昨日アナゴの蒲焼き食べた

No title

鰻は絶滅する前にうちらの世代で全部食っちまおう。

No title

国産うなぎの鰻重を最後に食べたのはいつだったか、もう記憶にないが、旨さに感激したのは覚えている。

No title

撮影者が前面に出てこない動画ってイイね。
誰それの食レポとかじゃなくて料理人のこだわりについて知りたいもので。

こう言う動画は日本人にとって害悪でしかない。

鰻の美味さ広めるな。

No title

人を襲わないサメでも魚が減ればどう変わるか分からない。
ジンベイザメ以外は絶滅しても構わんよ。

No title

捕鯨反対やりすぎて
豪州近海で鮫増え過ぎちゃって困った困った
みたいな情報から未来な今はどうなってるのやら・・・
それはともかく、フカヒレといえば日本ではなく
ソレは中国が作り出してる問題でしょうに

No title

もう近畿大学水産学科に頑張ってもらうしか
道が無さそうなくらい
シラスウナギ採れないんだよなあ

No title

串を再利用できるぐらいの絶妙な火加減なんだろな
別に客に串付きのまま出してるわけでもねーんだし

今は上方つまり大阪風の開いた蒲焼きが東京でさえ普及してるけど
本来の江戸の蒲焼きはぶつ切りを串刺しにしたものだったんだよな。
江戸っ子が本当にプライドがあるなら今の開いた大阪風の蒲焼きは止めて
伝統のぶつ切りに戻すべきだと思うんだけどな。もちろん蒸すのも
元は九州福岡の調理法だからそれも止めるべき。ロンドンだって
ぶつ切りのゼリー寄せがあるんだから。

>フカヒレは日本ではなく…

いやいや、東日本の震災で被害のあった気仙沼の主要産業だよ
中国にも供給してるけど国内にも供給してる。こちらから売り込んでるものを
中国のせいにするなら世界中から水産物を仕入れる日本は悪者になるということに
なるがそうなのか?
非公開コメント

プロフィール

ペルタ

Author:ペルタ
概要;翻訳サイトです。動画についている英語のコメントや英語圏の掲示板を翻訳します!!リンクフリー。雑誌等への一部抜粋もご自由にどうぞ


当サイトの翻訳基準

お問い合わせ
相互リンクRSS募集中

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

最新記事です
ads by google
プライバシー ポリシー
当ブログでは、Google AdSense広告を掲載しています。 Googleではウェブブラウザからウェブにアクセスしたユーザーに広告を表示する際にユーザーのコンピュータのブラウザにCookieを保存する場合があります。
またGoogleではCookieやウェブビーコンその他の技術を使用してブラウザで表示された広告に関する情報のほかにクリックされた広告やGoogleのサイトやサービスで行われた操作に関する情報を記録します。
クリック募金
クリックで救える命がある。
検索フォーム
ads by google
海外の反応系リンク
リンク2
アクセスカウンター
アクセスランキング
キャッシング