外国人「ニューヨークの隠れ家的な和牛レストランが素晴らしい」海外の反応


American Wagyu Beef in NYC’s Most Secret Restaurant — Prime Time

ニューヨークの隠れ家的な和牛レストランに関する動画です。

以下海外の反応をご覧下さい。




スポンサーリンク



・こういうシェフはいいね






・人生で今すぐ必要な食べ物






・生じゃんww






・生の肉を食べることはできないよ






・彼らがはぐをしてともに笑った。これが食べ物の力だ






・今まで見た中で一番面白いレストランだ






・本物の和牛じゃないよね。アメリカ合衆国農務省は日本の牛肉の輸入を承認していないよ。だからこの牛肉は米国で飼育されたものだ。名前だけの和牛






・ここの近くに住んでいるよ。この場所も知っている






・生肉が好きじゃない人は多いね。私もその一人だった。しかし日本を訪れて根本的に変わった。神戸で味わった肉は世界を変えたよ






・生肉を食べても大丈夫なのか?






・ドイツ人は生の牛肉、豚肉を食べるしイタリア人は生の牛肉を食べる。日本人は生魚や生の馬肉を食べる。これらの国々は米国よりも平均寿命が長い






・生肉のサンドイッチ?冗談だろ






・生肉を食べるのはバカだ






・Wow






・秘密のレストランといっているけど詳細は分かっているよ



キャプチャ
関連記事
スポンサーリンク

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

ブログパーツ


コメントの投稿

世界最高にして唯一の和食は、常にNYの和牛レストランにある!

No title


    )2018)  ((russia((

ヘイトスピーチなどを発信するウェブサイトに広告が掲載されることが企業イメージを毀損させるとして、欧米では企業がそうしたサイトから広告を引き揚げる動きが活発化している。
その動きが日本にも波及しつつあるようだ。
保守速報は、「嫌中・嫌韓」にもとづく差別的な記事や、外国人を中傷する記事を多数投稿するまとめサイト。
多数あるまとめサイトの中でも攻撃的、扇動的で、ヘイトスピーチやデマの温床、拡散元ともなっている。

このような問題のあるサイトに、自社の広告を掲載したいという企業はほとんどないだろう。
しかし実際には多数の企業の広告が掲載されていた。もちろん、そのほとんどは意図した掲載ではない。
背後には、広告テクノロジーが高度化、複雑化したことで、広告主がどの媒体に広告が掲載されるか事前に把握できないという事情がある。

欧米では不適切なサイトやコンテンツに広告が掲載されることで、企業や製品のブランド価値が損なわれるのではないかという「ブランドセーフティー」への懸念が高まっている。
広告業界も掲載媒体を限定するホワイトリストや、掲載禁止媒体を設定するブラックリストを提供するなどの対策を進めている。
日本でもこの議論や対応が活発化することを期待したい。

www.hokade.jp 暴力団 菅 自民 ネトウヨ春のBAN祭り
安倍 佐伯伸之 竹田力 山口県警OB
 [神奈川・外村和隆・東京大学大学院]
非公開コメント

プロフィール

ペルタ

Author:ペルタ
概要;翻訳サイトです。動画についている英語のコメントや英語圏の掲示板を翻訳します!!リンクフリー。雑誌等への一部抜粋もご自由にどうぞ


当サイトの翻訳基準

お問い合わせ
相互リンクRSS募集中

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

最新記事です
ads by google
プライバシー ポリシー
当ブログでは、Google AdSense広告を掲載しています。 Googleではウェブブラウザからウェブにアクセスしたユーザーに広告を表示する際にユーザーのコンピュータのブラウザにCookieを保存する場合があります。
またGoogleではCookieやウェブビーコンその他の技術を使用してブラウザで表示された広告に関する情報のほかにクリックされた広告やGoogleのサイトやサービスで行われた操作に関する情報を記録します。
クリック募金
クリックで救える命がある。
検索フォーム
ads by google
海外の反応系リンク
リンク2
アクセスカウンター
アクセスランキング
キャッシング