外国人「旧日本軍が惨敗を喫したマリアナ沖海戦の動画がやばすぎる」海外の反応→歴史上最大の空母同士の海戦に外国人驚愕


WW II Battle of the Philippine Sea in Color

マリアナ沖海戦のカラー映像です。

以下海外の反応をご覧下さい。




スポンサーリンク



・私の曽祖父はWW2の時米国の兵士でフィリピンで負傷したらしい






・戦争初期日本人とドイツ人はアメリカは軟弱だと思っていた。しかしアメリカは決して戦いから逃げたことはない






・私の父もおそらくこの場にいたよ。モーター技師として掃海艇に乗り込んでいたんだ






・>いやお前何歳だよ






・>53才だが






・米国と日本はフィリピンを戦場に選んだんだ。フィリピンはそれに巻き込まれた






・>アメリカの植民地だったからね。選択権はなかった






・>日本はフィリピンの資源を狙っていたというのもある






・>アメリカの属国だったんだよ






・日本人はよい戦いをしたよ。私の父もフィリピンで日本軍と戦ったけど生きて家に帰れた少ない人間だった






・太平洋戦争で唯一勝利したのがアメリカ






・今なお日本の軍艦が残っていればどんなに良かったことか。とてもかっこいい艦ばかりだから






・>三笠なら残っているよ(WW2よりも昔の軍艦だけどね)






・いい動画だね






・これは後から色彩を復元したもの?それとも元から?






・画質悪すぎ



キャプチャ
関連記事
スポンサーリンク

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

ブログパーツ


コメントの投稿

No title

物量が違いすぎて完全にイジメ

No title

2度の世界大戦で勝利者のアメリカさんハンパねえ

護国英霊に敬礼

No title

今も日本人の中に息づいてるよな
責任分散させて合理性のない選択するという性向
福島の事故や豊洲なんかみてもw

No title

父方の曾祖父は海兵だったから、日本兵を陸戦でたくさんやっつけたらしい。
生前、日本兵の鼻や耳がたくさん入った小箱を見せてもらった。マリアナ沖で
戦った米海軍兵士の勇敢さをあらためて称えたい。

No title

>生前、日本兵の鼻や耳がたくさん入った小箱を見せてもらった。
アメリカにそんな風習があったか・・・?支那や朝鮮ならわかるが。
あっ(察し)

No title

>責任分散させて合理性のない選択するという性向
集中させたら共産党のような独裁を招く訳ですが、それの方が良いとでも?
民主主義国家においては、独裁を防ぐ為に分散させる方が合理的なのですよ。

No title

物量物量というけど、記録見るとミッドウェイあたりまでは
アメリカも空母の数が全然足りなくてギリギリの戦いだったけど
この時、日本側は明確な戦争目的見失ってたからなあ

No title

マリアナ沖は物量って言うより作戦負けなんだよ
アメリカは攻撃力を断念して防空防御に特化した体制のところに
頭から突っ込んじまった
長篠合戦の武田騎馬隊の役を演じちゃったんだよ
戦力的にはもう少しなんとかなった比率なんだけどね

アメリカなんて国がいなければ完全にアジアを大東亜共栄圏にできたのに

糞韓国人

No title

全部小村寿太郎が悪い

No title

>>2017-05-16(10:25)
なんでもエラにしたい無知な人間だなW
ベトナム戦争でもオーストラリア兵士も戦利品で死んだ敵兵士の耳を切取って持って帰っている。 日本で敵の首を取るのと同じ感覚なんだろ
ちなみに戦国時代まで日本でも敵兵士(特に雑兵)の耳、鼻を切る取るのは手柄を示す証拠として普通の行為


>>2017-05-16(10:27)
責任の所在をはっきりさせないのと政治的なイデオロギーを同一視してもなW 政治で言うなら責任者(権力、権限を持つもの)が責任を取らないシステムこそ共産主義、独裁主義だろう?W 民主主義こそ自己責任が問われる社会だぞ

アメリカの武器兵器の方が合理的で破壊力が高いな。カラー動画だとリアルで勉強になる。

No title

>米国と日本はフィリピンを戦場に選んだんだ。フィリピンはそれに巻き込まれた

もう歴史も時系列もフワフワの馬鹿はコメントすんなよ

No title

現場の指揮官、兵士はよく戦ったと思うが、エリート軍官僚や国の統治システムが腐っていた。その官僚システムは今もなお腐ったままだ。更に、組織化も下手だし、謀略、諜報、防諜など情報戦が下手だ。前例や決まったことを、状況に応じて変更することもできない。この辺は、律令制度の頃から変わっていない。だから、ダメだと分かっても引き返すことができず、誰も責任を取らず変更もしない。そのまま機械のように正確に崩壊するまで突き進んでしまう。

山本筆頭に無能無責任揃いだったな、日本海軍は。
陸軍もそうだが国力差以上の無惨な敗け方。
ほとんどの戦場でただの掃討戦みたいな死傷率の差。
戦争というか人口処分して貰うために人間放り出したんじゃないかというくらい酷い無能軍部。

No title

>・今なお日本の軍艦が残っていればどんなに良かったことか。とてもかっこいい艦ばかりだから

センスいいヤツだな おい

No title

暗号解読が歴史を変えた決定的な例って誰か書いてたよ
日本側の奇襲作戦の内容が完全に解読されていて、
奇襲したつもりが奇襲されちゃったケース

> 2017年05月16日 11:36
そうやって食いついてるのがバレバレですよ
耳だ鼻だと嬉々として語りだしたり米海兵のみを称えてる辺りと合わせて

No title

いやアメリカだって逃げるでしょ
ただし、必ず何がダメだったか研究して戻ってくる
理論的な考察に強い上に資源も豊富だから無茶苦茶手ごわい相手だ

No title

>・戦争初期日本人とドイツ人はアメリカは軟弱だと思っていた。しかしアメリカは決して戦いから逃げたことはない


こんな無教養な奴が沢山いてコメントしているのがこの世の不幸。

No title

アウトレンジ戦法とかいう机の上だけで成り立つ糞作戦に全振りしたからね
旧海軍は陸軍以上に紙上エリートの傾向が強いが、このあ号作戦はその典型例。書類の上で成り立つから現実でも行けるだろう、いやそれしかない、もう決戦だ!
最初から最後まで海軍の思考回路はそれだけ。
そんなんで一時期でも勝ってたのが奇跡ですよ

No title

勝ったはいいが中国と朝鮮を自由にさせた結果が今の状態
経済でやられ、ミサイルで脅しをかけられる
アメリカはアホ、イギリスは腰抜け、ロシアは卑怯者

暗号も物量も敗因ではないなあ
ニミッツの言うとおり海軍は不要な作戦ばっかで無意味に戦力を磨り潰し、戦力的に優位でも集中せず、
好き好んで有利な条件放棄して自滅しただけ

No title

植民地だったくせにまるで独立した一国だったかのごとく過去の被害を当然の権利の様に語るのはアジアン土人の共通した癖か?

kilifvz@outlook.com

外国人「旧日本軍が惨敗を喫したマリアナ沖海戦の動画がやばすぎる」海外の反応→歴史上最大の空母同士の海戦に外国人驚愕 P magazine 海外の反応
<a href="http://www.g1u269daswr2fw3789p6fx749r8qs67zs.org/">ahnjvkobwk</a>
[url=http://www.g1u269daswr2fw3789p6fx749r8qs67zs.org/]uhnjvkobwk[/url]
hnjvkobwk http://www.g1u269daswr2fw3789p6fx749r8qs67zs.org/

ecxbjwqzvg@gmail.com

外国人「旧日本軍が惨敗を喫したマリアナ沖海戦の動画がやばすぎる」海外の反応→歴史上最大の空母同士の海戦に外国人驚愕 P magazine 海外の反応

mobexhqzwo@gmail.com

外国人「旧日本軍が惨敗を喫したマリアナ沖海戦の動画がやばすぎる」海外の反応→歴史上最大の空母同士の海戦に外国人驚愕 P magazine 海外の反応

uegnpypeqbn@gmail.com

外国人「旧日本軍が惨敗を喫したマリアナ沖海戦の動画がやばすぎる」海外の反応→歴史上最大の空母同士の海戦に外国人驚愕 P magazine 海外の反応
非公開コメント

プロフィール

ペルタ

Author:ペルタ
概要;翻訳サイトです。動画についている英語のコメントや英語圏の掲示板を翻訳します!!


当サイトの翻訳基準

お問い合わせ
相互リンクRSS募集中

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

最新記事です
ads by google
プライバシー ポリシー
当ブログでは、Google AdSense広告を掲載しています。 Googleではウェブブラウザからウェブにアクセスしたユーザーに広告を表示する際にユーザーのコンピュータのブラウザにCookieを保存する場合があります。
またGoogleではCookieやウェブビーコンその他の技術を使用してブラウザで表示された広告に関する情報のほかにクリックされた広告やGoogleのサイトやサービスで行われた操作に関する情報を記録します。
クリック募金
クリックで救える命がある。
検索フォーム
ads by google
海外の反応系リンク
リンク2
アクセスカウンター
アクセスランキング
キャッシング
RSS