外国人「日本の剣術家が刀で鉄板を切り裂く動画がやばすぎるぅ」海外の反応→刀によって綺麗に切断された鉄板に外国人驚愕


Samurai Challenge! Samurai Sword ( Katana ) Cutting Steel Pipe & Steel Plate -Zantetsuken-

刀によって鉄板が真っ二つにされる動画です。

以下海外の反応をご覧下さい。




スポンサーリンク



・この鉄板めちゃくちゃ薄いやん。たぶんそこらへんのナイフでも切れるよ






・>お前はアルミホイルすら切れなさそう






・>単に切っているだけじゃなくてそのスライスの品質がすごいんだよ。完全なカットを行うスキルは素晴らしいよ






・素早く適切な角度で鉄板を切る腕がすごい。無駄な力が働いていないね






・この刀なら戦車も真っ二つに切ることができるんだな






・実際に板金屋で働いている人間はいないの?たしかにこの鉄板は薄いけどおそらくみんなが思うよりずっと頑丈なはずだよ。本来なら何らかの電動デバイスを使用しないと切ることはできないんだ






・はさみで切れるだろ






・>この動画の様にまっすぐに切れる?






・刀愛好家が増殖しているな






・>刀は素晴らしいものであり多くの人々から評価されているよ






・刀は戦国時代の戦場においては主要な武器ではなく補助的な武器だったんだよね






・中国製の鉄板だろw






・>爆笑






・周囲のリアクションをリプレイしてみるととてもうざいね






・>それが日本の文化なんだよ






・まるで誰かが刀で切られたかのようなオーバーリアクションだ



キャプチャ
関連記事
スポンサーリンク

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

ブログパーツ


コメントの投稿

No title

日本スゴイ!
日本刀は世界の宝!
日本人最高!

No title

西洋刀でやってみればいいじゃん

No title

西洋の一般的なロングソードで弾丸真正面から受けるとか
やればいいのに
日本刀なら両断できるけどどな

海外のお前らw

No title

西洋鎧をきれるかどうか、こそやるべきことだと思うが。。。

アメリカ人の実験では皮の鎧は切り裂かれていた。

No title

とりあえず貼っとく・・・「またつまらぬ物を斬ってしまった」by石川五右衛門

No title

切れる鎧に意味はないだろ

No title

>西洋鎧をきれるかどうか、こそやるべきことだと思うが。。。

結構真面目に検証している海外の動画(同じものかも)で、西洋鎧の貫通をロングソードと刀でやっていたな。刀は僅かに貫いたけど、ロングソードは貫けなかった。他にも革鎧や肉塊の切断とかやっていたけど、切断能力としては刀の方が上って感じだった。

そもそも、形状が剣というだけで、用途が違うから比較する意味ないんだけどね。

No title

0.4mmってアンタ。
車に使われてる0.6mmの鉄板だってハサミで切れるぞ。

No title

たしかにリプレイしつこいなw
別に日本の文化ではないぞ、このウザいリプレイはw

No title

0.4ミリ なめんな
西洋の剣だと上部がつぶれるだけ

No title

2㎜くらいでやってくれんかな。0.4㎜じゃ正直言って凄いと思えない。

xkjtiad@outlook.com

外国人「日本の剣術家が刀で鉄板を切り裂く動画がやばすぎるぅ」海外の反応→刀によって綺麗に切断された鉄板に外国人驚愕 P magazine 海外の反応
<a href="http://www.g9iiwg88qmf9273o5fs63gxpx95455j0s.org/">avxyorney</a>
[url=http://www.g9iiwg88qmf9273o5fs63gxpx95455j0s.org/]uvxyorney[/url]
vxyorney http://www.g9iiwg88qmf9273o5fs63gxpx95455j0s.org/

No title

鉄板の厚さなんて一般人にはなじみないだろう。
1㎜以下の計測なんてすることないし。
因みに食品缶詰の厚さが0.2㎜だからな。

No title

自動車用の鋼板0.4mmだと片手で使うような家庭用のハサミじゃ切れない。
0.4mmだと17世紀ごろの軽量化されたプレートアーマーより丈夫だよ。

No title

珍しく鉄の質ガー連呼が湧いてないな

切り口なんて概念、普通の外国人には分からんだろうな。
刺身を、生魚を切っただけとか言ってる奴らだし。切り方で味が変わるし、切り方で得物な品質と使用者の技術が分かるのにな。

No title

アメリカ人のリアクションには負けますわ

No title

はっきり断言するわ
鉄板きるなら、日本刀よりマサカリやナタのほうがいい

No title

何ミリの鉄板まで斬れるんだろう。

No title

切るより殴る系統の西洋の一般的な剣でやってみると、多分こうは切れないと思うが、そういうのを試す外国人んとかいそうだが、いないのかな
この動画出てからかなり経つし、海外の反応でも何度も何度も取り上げられまくった、またかよっていうようなネタなのに変化ないね

No title

2mmの厚さだと加工するのにプレス機が必要なんだが・・・

No title

これは熱処理してない生の鉄板だからみんなが思ってるより柔らかいよ。

No title

なんで鉄パイプを斬ったことは見なかったことにしてるの?

No title

流派によっては兜割りって奥義があるくらいなんだから、これくらいで騒いでもなあ。
明治にも剣豪榊原鍵吉が明治天皇の御前でいわゆる天覧兜割りを成功させている。
津本陽の小説「薩南示現流」では、当流では、兜割など出来て当然って台詞があったはず。
示現流怖すぎ。

No title

比較がないからすごさがいまいち分からん

No title

小林康宏作の斬鉄剣は鉄製の作業台の足切ったらしいから
古刀やルール無用の新しい鋼材使った刀ならもっと厚い物でもいける筈。
安土桃山以降の新刀、新々刀、近代刀、美術刀だと厳しいだろうけど。

No title

>はっきり断言するわ
鉄板きるなら、日本刀よりマサカリやナタのほうがいい

馬鹿すぎる
なにで切るのが最適かって話じゃなくて
その適してないものでやるから凄いって話だろ

No title

さて、韓国刀ではどうか?

No title

町井さんは凄いけど、これはさすがに鉄板が薄すぎる

No title

ちなみに、こういった薄物の鉄板(圧延鋼板)は、カッターを当てといて、鉄板を巻きとって切断して出荷するのが一般的。専用の刃物で切断すると、断面が著しく綺麗に仕上がる。

工業会では鉄で鉄を切るなんてのは意外と当たり前のことなんだよ。

それを手動でやるというのはさすがに尊敬するね。

No title

西洋鎧を刺し貫いたりする動画あったね

No title

トタン板みたいな薄っぺらなものならハサミでもキレるwww

No title

俺なら手刀で切れる
 
手の方を・・・

No title

普通の人が同じ刀でやってみるの一緒にやらないとよく分からん。
コレくらいまぁ切れるだろ……と感じちゃうし、
まっすぐ切るのも10回くらいやれば1度くらいは成功するのでは?
達人はそこが1回だから凄い! っていうのは、分かりづらい。

昔テレビ企画で本郷猛か誰かが超合金刀で車のドアを半分まで切り裂いてたな

No title

材質によるぞ
軍事用の特殊鋼なら0.4ミリでもすごすぎる
日本軍の鉄帽が厚さ1ミリだからな
でもホムセンで売ってるような鉄板なら無意味だね

No title

以前、藤岡弘、さんが車のドアを切ってたぞ。途中で止まったけどあれは凄かった。

No title

重要なのは厚みよりも60センチぐらいある切り幅のほうなんじゃないの?
ハサミでは60センチを一気に切ることはできないでしょ。
人間の力で鉄を切り進むには切れ味とまっすぐに刃筋を立てることが必要。
それを60センチの距離まで達成したのがすごいのでは。

No title

マサカリでこの薄い鉄板は「切れる」じゃなくて「破れる」「裂ける」になると思うが
非公開コメント

プロフィール

ペルタ

Author:ペルタ
概要;翻訳サイトです。動画についている英語のコメントや英語圏の掲示板を翻訳します!!


当サイトの翻訳基準

お問い合わせ
相互リンクRSS募集中

みなさまの応援が管理人の元気や励みになります。ぜひぜひ応援よろしくお願い致します↓
ポチっと

最新記事です
ads by google
プライバシー ポリシー
当ブログでは、Google AdSense広告を掲載しています。 Googleではウェブブラウザからウェブにアクセスしたユーザーに広告を表示する際にユーザーのコンピュータのブラウザにCookieを保存する場合があります。
またGoogleではCookieやウェブビーコンその他の技術を使用してブラウザで表示された広告に関する情報のほかにクリックされた広告やGoogleのサイトやサービスで行われた操作に関する情報を記録します。
クリック募金
クリックで救える命がある。
検索フォーム
ads by google
海外の反応系リンク
リンク2
アクセスカウンター
アクセスランキング
キャッシング
RSS